タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージとは、タイ王国伝統医学として、瞑想や修行を効果的に行う為に用いられた施術法となりす。
元々修行の一環とし、生まれた技術で、時代とともに民間の医療として親しまれるようになり、タイではおおよそ50%の人が、体調を整える為に積極的に用いられていると言われています。
その効果は非常に高く、タイの病院では治療に採り入れられる事もあります。
タイ古式マッサージは、タイ国内で幅広く知られ、そして施されてきたマッサージです。
タイ古式マッサージが他ボディケアと大きく違う点は、問題の部分だけを医局的短時間で施術するのではなく、体全体にゆっくりと時間をかけて施術するという事、そして仏教における「慈」「悲」「喜」「捨」を実践すると言う事です。
マッサージ終盤に行うストレッチはダイナミックで、施術者との二人で行うヨガとも呼ばれています。
また、時間をかけて施術を行う事で、受ける側だけでなく、施術者も「無我の境地」に近づく事が出来ると言われています。

タイ古式マッサージの流派

タイ古式マッサージを学識的に見ると、王室マッサージ、民間マッサージに分かれます。
王室マッサージ(国王に対して行うもの)、礼儀が重視され、施術姿勢や形式が重んじられています。
王様を跨ぐ施術や、踏みつける様な動きはもちろん許されません。
その為、タイ古式マッサージの特徴ともいえる大胆なストレッチはなく、指圧中心に行われます。
一方、民間マッサージは、ストレッチが多いことが特徴です。
手、腕を使うだけではなく、膝や足、場合によって背中に乗りストレッチを行う施術もあります。
マッサージ技法そのものが多種多様で、その数の多さは世界中を見回しても他に無いほどです。
民間マッサージは流派が多く存在しますが、大きく分けるとタイ北部とタイ南部に分ける事ができます。
タイ北部のチェンマイのワット・スアン・ドークを中心とした手法「チェンマイスタイル」、筋肉の筋を引っ張るものが多く、タイ南部のバンコクのワット・ポーを中心とした手法「ワット・ポースタイル」、ツボを押すものが多くみられます。